住宅ローン審査には勤続年数もかなり重要です

住宅ローン審査の審査内容では、勤続年数も審査の対象になります。
またどちらかというととても重要項目となりますので、転職などをして勤続年数がまだ極端に短いような人はある程度の勤続年数を経てから、住宅ローン審査に申し込みをした方が良いのではないかと思われます。
勤続年数が少なかったり、転職を繰り返していたりすると、将来の収入が安定しにくいと判断される場合があります。
住宅ローン審査に申し込みをすると考えている人などはその点も踏まえて転職などを考えておくと良いでしょう。
後でローンが組めずこんなはずではなかったとならないように注意した方が良いです。
フラット35などは審査基準が違いますので、普通の銀行系の住宅ローン審査が通らない場合にはフラット35がおすすめかと思います。
三菱東京UFJ住宅ローン繰り上げ返済は損?手数料は?【メリットは?】