安すぎる脱毛器は肌荒れや火傷の危険性あり?安心して使える脱毛器は?

近頃は、どんな季節でも漏れなく、軽めの服の女性が多くなっています。

女性の方々は、ムダ毛対策にいつも悩んでいることでしょう。

ムダ毛の対処方法も種々ありますが、一番簡単な対処は、やはり自宅での脱毛が挙げられますよね。

初めて脱毛器を使用する方が気がかりなのが痛みだと思います。

痛いと感じない脱毛器もあれば、刺激を強く感じる脱毛器もあります。

また、太い毛や皮膚が薄い所を脱毛にあたっては、きつい痛みを感じることがほとんどでしょう。

使う部位や肌の状態に合わせて出力を調節できる脱毛器を探すのがオススメです。

脱毛器の中にはデリケートな箇所に使用可能なものと使用不可能なものがあります。

使うことのできないタイプを無理やりにデリケートゾーンに使ってしまうと、肌が荒れたり、火傷の原因になるので絶対に使用はやめましょう。

デリケートゾーンを脱毛したい時には、ちゃんと対応している脱毛器を買うことが大切です。

amazonで脱毛器を購入しようと思いレビューの評価順で検索してみたところ、上位10商品がVekiaとOudayという商品でした。

商品画像を見る限りVekiaとOudayの同一商品にしか見えないのですがどういうことなのでしょうか?Vekiaというメーカーの脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方、Oudayから販売されている脱毛器もIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみにどちらも重さは581gです。

商品を説明している画像はモデルさんも違いますしパッと見、違う商品に思うかもしれませんが、商品自体はやはり同じものとしか思えません。

1位の商品に450件以上のレビューがついていて、評価は星5です。

他の同一商品も星5という評価になっています。

さすがにちょっと評価が偏り過ぎていますよね。

口コミをチェックしてから購入決めるという人もいるかと思いますが、その口コミは真実なのか?という見極める力を持つことも大切です。

脱毛器は痛いという評価が多いようですが、現実は、痛みはどのくらいなのでしょうか?現在の脱毛器は、少し前のものとは比べものにならないほど高性能で、ダメージへの対策も十分です。

脱毛の仕方によって違いますが、光脱毛器であれば、ほとんどダメージは感じないと考えていいでしょう。

脱毛器ソイエの使用後の口コミや評判は、あまり良い方ではありません。

さらに、ソイエは長期的に見ると推奨に値しない脱毛器です。

その訳はというと、ソイエは毛を引っ張って抜くタイプの脱毛器だという事実があるからなのです。

脱毛自体は可能ですが、脱毛し続けてもムダ毛が減って来はしません。

脱毛器と名のつくものの中には、きちんと脱毛できないようなものも含まれています。

「安くても、そこそこの効果があればいい」と言って安易に選んだ脱毛器が、脱毛じゃなくて「脱毛カッター」だったとか、効果がなかったということにならないよう、実際に失敗した例もあるので、納得いくまで調べた上で購入しましょう。

安い脱毛器で失敗した人の話などを聞くと、使ってみたら痛いし調整もできない、焼くときのニオイが不快、音がうるさすぎなど「やっぱりムリ」的な感想を持つ人が少なくありません。

せっかく購入するのでしたら、安物買いのなんとかにならないよう、よく検討してから購入することが大事です。

モーパプロは、家庭で使うことが可能な光脱毛器なんですが、単なる脱毛器とは違います。

豊胸器具や美顔器としても使用することができる脱毛器です。

モーパプロを買うだけで、ムダ毛の処理が可能なことはもちろん、バストアップできて肌も綺麗になるわけですから、評価が高いのも当たり前でしょう。

機能が複数ありますが、使い心地は手軽で良好です。

以前に比べると、どんな季節でも、素肌を出すようなファッションの女性を見かけることが増えてきました。

女の人は、ムダ毛処理の方法にどうしようかと頭を悩ませる方もいるでしょう。

ムダ毛処理の方法はいろいろですが、どうすれば最も簡単かというと、家で脱毛することですね。

家庭で手軽にムダ毛脱毛をすることができるレーザー脱毛器というものがあります。

家庭用にレーザー量を控えているため安心して使用することができます。

脱毛効果は医療機関より落ちますが、医療機関に行くには予約が必要で自身の発毛サイクルと合わなかったりします。

引用:トリアは痛すぎる?口コミ・効果を本音で評価!【家庭用脱毛器の評判】

自分の家でするのであれば自身のよいタイミングで 処理が可能なのです。

センスエピ(SensEpil)はイスラエルで開発された家庭用の光脱毛器(フラッシュ式)です。

カートリッジ交換不要(※本体のみで5万回照射可能)という手軽さが受けています。

出力は5段階調整可能で、搭載されたスキンセンサーが照射に適した肌色かどうかチェックしてくれるので、肌トラブルを避けやすいですね。

顔から首筋、うなじまで、微妙に肌の濃淡が違うところも最適かつ安全に脱毛できます。

いくつかシリーズがあるためレビューは気をつけて見なければいけませんが、とくにセンスエピGの本体サイズの小ささと軽さは評価が高いです。

丸みを帯びていてヘッドのほうに向かって細くなっているため、同じようなサイズの脱毛器と比べると軽くてスイスイ脱毛できると評価が高いですが、指、口元といった部位への照射がしやすい反面、照射範囲が小さいので、やはり広範囲の脱毛は時間がかかります。

この価格帯では広さと細かさの両方に対応するのは難しいと思いますので、特徴を考慮した上で購入するのがいいでしょう。

「ソイエ」はパナソニックが販売している家庭用の脱毛器です。

「抜く」方法です。

お風呂で泡立てた毛を専用ヘッドでからめとって抜けば痛くないという理論のようですが、やはり痛いです。

普段から毛抜きで抜いている人なら簡単に出来て良いかもしれません。

でも、毛抜きなら痛みを加減しながら抜くことができますが、血が出たり、再発毛してきたときに埋没毛が出来て、自分には合わなかったのかもという感想も聞かれます。

お風呂で使える手軽さや、消耗品の買いやすさなどもあり、それなりに使われているロングセラー商品です。

繰り返し使用することで毛が抜けやすくなるので痛みも軽減されるというコメントもあります。

減る前の痛みがどのくらいかは、使ってみなければわかりません。

ある程度の覚悟があれば、使用できるかもしれません。

脱毛器はお手頃価格の1万円程度の製品もあれば、上は10万円くらいするものもあって、同一ジャンルの製品群における価格差が、かなりあると言えます。

メーカー独自の販売努力や価格設定などもあるので、高い製品ほど性能や満足感が高いとは言えませんが、その中でも言えることは、安物は値段相応の性能であることが多いということです。

これは多くのレビューを見たうえで、ほぼ間違いないでしょう。

そういう品物を買うくらいなら、買わないほうがマシですし、メーカーサイト以外に、ユーザーレビューをよく読んでからどのような製品が欲しいのか判断してください。

お風呂対応の脱毛器もあります。

バスタブに浸かると毛穴が開きますよね。

その時に脱毛器で抜けば痛みも少ないですし、どんなに抜け毛が飛び散っても後始末はシャワーだけです。

脱毛器ごとに早く電池がなくなる場合もあるので、繰り返し使用ができる電池を使用した方がいいかもしれません。

脱毛器を使用してムダ毛処理をしている女性もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

従来使われていた脱毛器は性能が悪く、効果があまりなかったり、安全面が少々不安なものがよくあったのですが、最新のものになると遥かに性能が上がっています。

機能の高い脱毛器を使用すれば、体毛が濃い人でも完全に脱毛できます。