おまとめローンって審査が通りやすい?

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などは金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので初めておまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

参考:おまとめローン審査が通りやすい?おすすめの銀行【審査甘い?】

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

何件もの金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。